2018年8月4日土曜日

300号

昨日、あい坊先生・清水先生の記念投稿を掲載した300号を発行することが出来ました。お祝いのメッセージも寄せていただき、嬉しい一日になりました。

300号です! 長く続いたものです。ほぼ全号に何かしら書いてきたσ(^^)、いつも締め切りに追われる10年でした。飛鳥ネタ限定にしているので、続いたのかも知れませんね。
咲読を主に書いてきたのですが、定例会のテーマに興味を持っていただけたらと思って書いているのですが、最長8回も書くとさすがに悪戦苦闘になります。4回ぐらいが限界かなと思う日々。(^^ゞ 1遺跡を取り上げる定例会は、物凄く大変です。σ(^^)、プロじゃないので、知識量があっという間に尽きるという恐ろしい事態に晒されたことも有りました。これから、学びたいと思ったから取り上げたテーマですからね。
しかし、昨日、寄せていただいた文章やコメントを読みながら、300号の達成感は格別な物のがありました。祝杯は缶B1本だけですが、美味しかった♪ 辛い時も多いのですが、だからこそ得られたものも多かったと思います。

続けさせてくださった読者の皆さんに、心よりの感謝を申し上げます。m(__)m そして、ご支援をいただきます先生方に、あらゆる言葉で感謝を申し上げます。m(__)m

::::::::::::::::::

飛鳥・藤原の宮都を語る  「日本国」誕生の軌跡
表紙が決定したようですね。石舞台上空から北西を撮った航空写真のようです。表紙覚えて、買ってね! (笑) 
あらっ! 出版日が変わりましたね。(^^ゞ 8月31日になっています。飛鳥遊訪マガジンのお知らせを修正しておかねば。(>_<) 次号で間に合わせねばいけませんね。

飛鳥関連の書籍はたくさんありますが、通史として読める物はさほどないように思います。是非、飛鳥誕生から終焉までを楽しんでいただければと。今回は、斉明までですが。(^^ゞ 続刊の予感。(笑) 


風人飯
 親子ライス
 茄子の油淋鶏風
里芋と豚肉の炊いたん

1317967

0 件のコメント:

コメントを投稿