2016年4月15日金曜日

熊本の地震!

被災された皆さん、お見舞いを申します。一刻も早く、事態が収まりますように。そして、被害の拡大がないように祈ります。


今日は、気温が低めで快晴の一日になりそうです。時間的に厳しいのですが、新緑の綺麗な間に行きたいと願っていた奥飛鳥に行ってきます。金カメバスの運用が大幅に変わって使えなくなったので、行く機会も激減しそうな奥飛鳥ですが、今日は頑張ってみようと思っています。近々のメルマガネタになるかな?(笑)
早昼を食べてから、大急ぎで出発すれば夕方には戻れるでしょう。(たぶん!) 昼の食事と一緒に晩ごはんも作っておけば、何とか可能かと思います。

昨日、散歩に出たのですが、米川沿いを歩いていると、ザバザバと水音がしたので川面を覗いてみると、大きな鮒が団体様で泳いでいました。米川に、こんな大きな鮒が居たことも知らなかったので、ちとビックリ! 鮒の産卵期って今頃なんですか? 
 若竹煮
筍をいただいた。(^^) ので、第一弾は、もちろんこれです。美味しく炊けた♪ 自ら天才かと思いましたがな。(笑) 下処理の一切をしていただいていたので、σ(^^)は味を付けるだけ。(^^)タスカリマス!
昔は、タケノコ嫌いだったのですが、今では好きです。(^^) 揚げても美味しいので、第2弾では作ってみるかな。ちなみに、お隣さんちも若竹だそうです。(笑)
厚揚げの豚バラ巻土佐煮風。(笑)
外側カリッと内は柔らか。風鼓さん向きです。後は、サラダとニラ玉味噌汁を作りました。この程度出来たら、σ(^^)は満足です。(^^) 


週末風人

土曜日
帝塚山大学考古学研究所 市民大学講座 聴講
「国分寺の世界 ―兵庫県・但馬国分寺を中心に―」
豊岡市立歴史博物館・学芸員 前岡 孝彰先生

日曜日
特別な予定はない。



酒船石から冬野は見えない! の説明。(笑) 

黄色の点線内でなくては、見えないです。

あっ、追記。(^^ゞ
写真の縮小には、「縮専」という無料ソフトが使いやすいですよ。ほとんど劣化させずに縮小できます。σ(^^)は、ずっと使っています。縮専で検索すると、直ぐに見つかります。

さて、出かける準備をするか! 




6 件のコメント:

  1. 風人さん、こんにちは。
    お忙しいところ、大変くわしい説明、本当にありがとうございました。
    おかげさまでとてもよくわかりました。
    かなり狭い範囲からしか冬野山頂は見えないということですね。
    とても勉強になりました!
    今までご教示いただいたことを愛用の25,000分の1の地図にあれこれ書き込んでおりましたら、カラフルな線や点でいっぱいになってしまい、嬉しい悲鳴をあげています。
    いつかこの地図を抱きしめて思う存分飛鳥を歩き回れますように。

    あと、「縮専」も教えていただきありがとうございました!
    ホントにもう風人さんには足を向けて寝られません。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    返信削除
  2. 梅前さん、こんにちは。
    今日、石舞台までバスで行ったのですが、いつもと違って右側に座ったんですね。そうしたら、高松塚から天武持統天皇陵の間の所々から、冬野がチラチラと見えるところが有りました。バスなので、あっという間に通り過ぎましたが、見えるところが有るようです。
    覚えていたら、また通った時に確認しておきます。

    ご主人、凄い料理作られますね! σ(^^)には、あんなのは無理だ!(笑)

    返信削除
  3. 風人様

    はじめて投稿させていただきます。れんしと申します。
    実は梅前さんのコメントのなかの「古代史研究仲間」というのが私です。
    『皓月』の一ファンだったのですが、いまはブログ仲間としておつきあいいただいております。

    先日私のブログで両槻会様の記事を紹介したところ(無断リンクをしております、まことに申し訳ございません)、梅前さんがよくご存知の方の会ということでびっくりしておりました。

    「冬野が両槻宮の可能性が高い」という千田稔の説に、酒船石の丘は冬至の祭祀を行った場所にちがいないという自説を結びつけブログで展開していましたが、「実際に酒船石の丘から冬野が見えるのか」という点の確証が得られないでおりました(地図をみるかぎりかなり難しいというのがわかっておりましたが)。

    このたびの風人様のご指摘にてはっきりいたしました。
    わかりやすい地図までご用意いただき、まことにありがとうございます。

    ちょうどネット上で見つけたカシミールという山岳用地図ソフトにて酒船石の丘からのビューをシミュレートしてみたところ、同じ結果が得られました。
    日の出の風景をみると、冬至の方角にこだわらなければ、藤本山が最有力のようですね。

    今は古代史に想いをはせる時間がなかなかとれない日々を送っておりますが、余裕ができたらすぐにでも飛鳥に足を運びたいと思っております。
    その際には、両槻宮様の定例会にも是非参加させてくださいませ。

    突然の投稿にて失礼かと思いましたが、私からもお礼を申し上げたいと思い投稿させていただきました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    れんし

    返信削除
  4. れんしさん、初めまして。よろしくお願いします。
    ブログも拝見しましたが、難しいことをよくご存じですね! σ(^^)は、現地を歩き回っているという言うだけの者です。そして、そこからの着想でしかありません。読むということが苦手なので、各先生方の論文やご著書もなかなか勉強することもない、ただの飛鳥好きですので、お手柔らかにお願いします。

    タイミングが合いましたら、是非、両槻会にもお越しください。
    11月には、冬野方面を経由するウォーキングを計画中です。

    返信削除
    返信
    1. 風人様、ご返事ありがとうございます。
      いつか必ず参加させていただきます。

      また、Googleマップの使い方もご教授いただきありがとうございました。
      こんな使い方があるのは知りませんでした。便利ですね。

      削除
  5. Googleマップ(航空写真にして)3D表示させて、ctrlキーを押しながらクリックするだけど、投稿したような表示をさせられます。簡単なので、利用されると結構使えますよ。

    返信削除