2016年4月14日木曜日

楽しい時間は早く過ぎる!

昨日の打合せは、先生のおかげでトントンと進みました。ほとんど、全部のお願いを承諾していただきました。申し訳なく。m(__)m 
講演と事前散策とメルマガ記事1本に、講演概要が一つ。講演も本講演が2時間半、おまけも付きます♪ めっちゃありがたいことであります。(^^) 
で、その後3人で、楽しい飲み会。(^^) えらく盛り上がって、帰りました。

その前に、飛鳥資料館を訪ね、その後、財団事務所に用が有ったので、飛鳥を縦断ウォーク。雨の中になりましたが、ふと目を上げると、山が笑っていました!(笑) 新緑が始まっているのですね。桜が終わると新緑が目に鮮やかになります。山がモコモコしているように見えますね。
 橘寺
橘寺
 川原寺を通して橘寺
 橘寺付近より岡寺の三重塔
立部付近の丘陵

飛鳥資料館前庭の山桜
もう2~3日で満開になりそうです。

で、おまけ。
冬野の電波塔が今も見えるかどうか、聖徳中学前から写してみました。先っちょ見えます。けど、肉眼では分からないでしょうね。(^^ゞ


カボチャの豚巻照り焼き
風鼓さん、カボチャ好きですので完食でした。高野豆腐の含め煮とサラダと味噌汁も消えていました。(^^ゞ ちと食い過ぎを心配します。

2 件のコメント:

  1. 風人さん、こんにちは。いつも楽しみに拝見しています。

    冬野の電波塔、お気にかけていただき(?)ありがとうございます!
    持統天皇陵のあたりからは見えるんですね。
    古代史研究仲間は、「酒船石のあたりから見えるか」にこだわっているようです。(その方は、酒船石のあたりで冬野に昇る冬至の日の出を言祝ぐ斉明の「皇帝祭祀」が行われたのではないかと推測しています)
    個人的には、酒船石あたりからだと岡の丘陵に阻まれて見えないような気もするのですが。
    もしもそのあたりにお出かけのご用事がありましたら、確かめていただけるととてもとても嬉しいです。(まったく急ぎじゃないです! 通りすがりに、思い出したら、そしてその時晴れていたら、で結構です)

    かぼちゃの豚巻照り焼き、とても美味しそうですね。
    今度チャレンジしてみます。
    豚肉巻は、わが家ではマイタケでよくやります。
    風人さんのブログは、飛鳥の息吹とともにおかずのヒントも下さるので、まさに「二度おいしい」です。

    返信削除
  2. 梅前さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    酒船石から直接、冬野を見ることは全く出来ません。藤本山が間に在るからです。と、ここは東に山が迫っていますので、日が差すのも遅い時間帯になるのではないかと思うのですが。気にしたことが無かったのですが、むしろ夏至の方が早く日差しは見えるかも知れません。

    明日の記事で、分かるようなマップを作るので、参考にしてください。
    冬野が見えるのは、僅かな地点からになるでしょうね。祝戸のミハ山(?)が在るので、天武持統陵から見えるかどうかは確認しないと分かりません。

    返信削除