2016年2月7日日曜日

飛鳥ファン

毎年1度だけお会いする方が居る。お名前もあやふやだし、個人情報はほとんど知らない。毎年、2月にお会いするのだけど、1度たりとも約束などしたことはない。けど、毎年会える。(^^)
北海道から来られるのだけど、お話をしていて並々ならぬ基礎知識をお持ちなのには驚かされる。飛鳥に対する想いは、σ(^^)などまだまだという高レベルな方である。
女性なのだけど、行動力も凄いと思っている。休みの取りやすい2月に飛鳥を訪ねられるようになって、もう長いと聞いている。σ(^^)を超える! 本当によく知って居られて、次回定例会で訪れるポイントはもちろん、粟原寺跡なども単独で訪ねられている他、明日は花山古墳に行きたいというマニアっぷり。(^^ゞ もう少し近ければ、両槻会にも参加したいと言っていただいている。
年に一度だから、濃密な時間を過ごしたいと思っておられるのだろうね。一度、ゆっくりとご一緒に飛鳥談義をしながら歩いてみたいと思う。昨夜は、大好きな飛鳥(檜前辺り)が、変貌しつつあるのを嘆いておられた。安っぽい観光地化しているのが寂しいと。

元々は、飛鳥の坂之茶屋さんの常連さんとして、おばちゃんとおじちゃんと一緒にお会いしたのだけど、それが偶然にも今年も3人にお会いすることが出来た。
こういう方とお話をすると、自分の元々の飛鳥への思い入れを思い出す。良い刺激をいただけて、少しお話をするだけだけど楽しい一時となるのです。もちろん、昨夜は坂ノ茶屋さんのご夫婦を含めて、楽しく数時間を過ごさせいただいた。人前だからでしょうか、おばちゃんは変わらずお元気で、おばちゃんを気遣うおじちゃんの優しさも相変わらずだった。昨年、お店の焼失という誠に悲しい事件があった。心配されているファンも多いと思うのだけど、お二人は年相応に元気にされています。おじちゃんのにゅう麺をもう一度食べたいな! 

昨夜は、風鼓さんが比較的穏やかだったので、2時間ばかり有間皇子邸に行ってきた。上は、その時の様子。σ(^^)の顔の左側は、やや腫れを残しているのだけど、ずいぶん良くなってきた。ただ、溜まっているストレスは酷く、体調にまで及んでいる。(>_<) たまの数時間の自由時間がなかなか難しくなっているのを感じるし、その分、恋しい時間になった。




0 件のコメント:

コメントを投稿