2015年2月26日木曜日

えだちのきみ

役行者さんの実像に迫ってみたいと思って調べているのだけど、全く知らないことだらけです。(>_<)  知っていたのは伝説の部分だけだった。(^^ゞ かろうじて知っていたのは飛鳥時代の人だってくらいかな。
お母さんは、別名「とらめ」さんと言うのは知っていた。お墓に行ったこともある。大和高田の蓮取り祭りの池の近くに在ったのを偶然見かけたのだった。
奈良県の山沿いには必ずと言っていいほど足跡が有るのだけど、本当かどうかはよく分からない。
修験道の開祖なのだから、そんなことになっているのかとも思う。

役君(公)小角というのが彼の名前だ。「えだちのきみおづぬ」と読むようだ。「えん」とも読みにくいけど、「えだち」なんて読めないね。「おづぬ」もなかなか読めないかも。
もう少し、調べてみようと思う。なんか面白くなってきた。

昨日、第49回に申し込んでいただいた皆さんに、メールを出しました。来ないよ!って方は、ご一報ください。宜しくお願いします。


0 件のコメント:

コメントを投稿