2014年7月3日木曜日

なんとも痛ましい

奈文研さんの紀要の内容を伝えるニュースが幾つか出ていますが、早く読んでみたい!
タイトルのも、その一つなんだけど、藤原宮(の何処だかはニュースでは分からん!)で出土している動物の骨の中に、小児の骨が有って、犬にかじり取られた可能性が有るのだとか。(-_-)

藤原宮の「周辺に放置された小児の遺体の一部を、犬がかじり取って運んだとみられる」んだそうです。貴族は立派な古墳に葬られるけど、庶民は、たとえ子供であっても放置? しかも宮の周辺で? なんだかぞっとするような光景が頭をよぎる。。。。 (-人-)  きらびやかな都の風景も空恐ろしくなってきた。せめて、簡単にでも土葬にしてあげるようなことは無かったのか? 犬が掘り出したのなら、まだ救われるような気がする。少し前までの土葬地では、噂に聞いたことのある話だもんね。
ボーンズ山崎先生のご研究のようだけど、読んでみたいな。庶民の実態ってのは、よく分からないので、手掛かりになるのかも知れんね。

今日のニュースでは、やっぱ運河からのようですね。コメントで山崎先生は「当時の葬り方の一端をうかがわせる発見」とされているが、和田先生は不慮の死と考えておられるようだ。人麻呂の歌は知っているけど。。。 しかし、大人は労役なんかで有るのかも知れんけど、子供(幾つかは分からんけど)ってどの程度の範囲で行動してたんだろう。大した範囲でないと思うので、不慮の死で放置されるってのもなぁ~。大雨の後、犬がお墓を掘り返したと思いたいけどなぁ~。


歴博のシンポは13時から。開場は12時30分やったっけ? 特別展示は1時間程度は掛かるとみて・・・。そうすると、昼食も必要になるよね。あの辺り、食べ物屋さんって少なかったような記憶が。中のレストランが空いていると良いのだけど。。。ということで、11時には着かなあかんかな? 遅い?
σ(^^)は、誰と話しているのでしょう?(笑)

さて、思いっきり疲れた水曜日。作り置きは、そんなに出来なかった。(>_<) 野菜の千切りを数日分と、残っていた春巻皮を利用して変わりハンバーグを作ったのだけど、そのミンチで里芋・じゃが芋・カボチャのミニコロッケを作り置きにした。そこで、時間も気力も限界。夜は、早い時間に転寝をしてしまった。(-_-)zzz で、一旦起きたのだけど、引続いて就寝。スタミナが無いやね! 

さて、咲読の締切が告げられました。頑張って、間に合わせたいと思っております。




0 件のコメント:

コメントを投稿