2013年12月22日日曜日

現説日和?

昨日は、寒い上に風・雨のおまけも付く、なんとも藤原日よりの一日でした。(^^ゞ 藤原宮現説は、何かに祟られているか? (笑)

で、やっぱ、現地見ないと分かりませんね。報道だけで、いろいろと書くのは危険です。位置関係もかなり外してましたσ(^^)。柱穴列も、以前に見た物とは違っていたようです。それも柱穴のようですが、柱穴列からは外れたものでした。(^^ゞ 根石かと思ったものも、礫敷きが詰まったもののようで、根石ではないようです。

で、柱穴列も興味深いのですけど、調査区に広がる沼状遺構ってのが面白かったです。人工的に造られているのですが、造営段階にどういう目的で造られたものなのか、未だ解明されていないとの説明でした。運河から運び込んだ木材などの修正場所?とかσ(^^)は勝手に思ったのですが、宮の造営に合わせて造っているので、あちこちに造られているのかと思った次第です。

とにかく寒かった。(-_-) 忘年会は、盛り上がりました。楽しかったです♪ 

 悪天候に関わらずたくさんの見学者
 朱色の復元柱(大極殿院南門西端)から現場を見る
 件の柱穴列
 柱穴のアップ
 朝庭のバラス敷 調査区東から西
斜向溝

0 件のコメント:

コメントを投稿