2015年1月5日月曜日

悲しさに包まれて

昨日は、矢も楯もたまらず、坂乃茶屋さんに向かいました。行っても、どうしようもないのですけどね。悲しさが増すだけだと分かりながら、座っていることが出来ませんでした。

全焼! 余りにも無残で、心が凍り付くような光景が待っていました。(風の書には、辛すぎますので写真は掲載しません。)

ただ、ご無事だった店主ご夫婦が居られ、お見舞いが出来たことが僅かな心の救いになりました。けなげに立っておられるお二人は、やっぱ強い人です。話を聞いていると、涙が出てきました。
優しいおばあちゃん、職人気質のおじいちゃん、こんなに良いご夫婦に、なぜこんな災厄が襲うのでしょう。。。
おばあちゃんは、87歳です。それにご病気とも戦って居られます。このご夫婦の坂乃茶屋には、もう行けないかもしれません。一日に岡寺に参り、お店に寄ろうかと思っていたのですが、寒さと強風に負けてしまった自分が悔やまれてなりません。

σ(^^)は、お店でなくても、会える機会は有るのですが、また元気な姿でお会いしたい。

そんなこんなの一日だったのですが、夜になると風鼓さんが・・・。(>_<)

心身ともに疲れた一日でした。ふー!


0 件のコメント:

コメントを投稿