2014年3月31日月曜日

第44回(5月)定例会は明日から受付開始

橿原神宮前駅東口ロータリー・甘樫丘豊浦展望台・水落遺跡・飛鳥寺・飛鳥資料館・飛鳥京苑池遺跡・飛鳥宮跡・エビノコ郭・橘寺・川原寺へと歩く約8kmのウォーキングです。

名づけて「薫風そよぐ宮都・飛鳥」。メインは、飛鳥資料館での帝塚山大学考古学研究所 清水昭博所長によるミニ講座と、飛鳥資料館学芸員 丹羽崇史先生による春期特別展のギャラリートークです。

帝塚山大学考古学研究所との共催で行いますので、新鮮な雰囲気で常連の皆さんにも参加していただけると思います。各ポイントでの説明も、ほとんどσ(^^)は出しゃばりません。(笑) 多くを帝塚山大学の院生や学部生(学生スタッフ)が担当します。若い方たちに飛鳥を知っていただき、好きになっていただければとの考えに立っています。飛鳥って少しでも勉強をすると、だんだん面白くなってきますもんね。若い方たちには、そんな機会になってくれたら良いなと思っているのです。もちろん、学生さんたちにはチェックや検討会や下見などを通じて、勉強していただく機会を作ることにしています。

σ(^^)の担当は。入鹿の首塚・東垣内遺跡・山田道・弥勒石だけです。この4ヶ所は、進行状況によって、飛ばす場合が有ります。m(__)m

ともかく、五月晴れの下、ワイワイと楽しく歩きたいと思っていますので、お申し込みください。

5月定例会は、一回で三回分くらいの内容になります。明日から受付けますが、多数の参加が見込まれますので、常連の皆さんはお早めにお申し込みください。

詳しくは、両槻会HPの第44回定例会予定ページをご覧ください。

http://asuka.huuryuu.com/yotei/teireikai-44/yotei-44.html

0 件のコメント:

コメントを投稿