2013年8月24日土曜日

仕上げは豪雨!

滝雨! あんなの1時間も降ればどんな所でも被害が出ます。雷もエグかった! 怖い! 激動の一週間の締めくくりに相応しいか?

:::::::::::::::::::::::

甘樫丘東麓遺跡(飛鳥藤原第177次調査)の現地見学会
  ────────────────────────────────
    開催日: 9月7日(土)
    時 間: 11:00~15:00 (説明会は随時)
          ※小雨決行
    場 所: 発掘調査現場
     (高市郡明日香村大字川原(国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区内)
    交 通: 近鉄 橿原神宮前駅 東出口から 約30分
         奈良交通バス(明日香周遊バス(赤かめ))
           〈 飛鳥 〉バス停下車 南へ徒歩 10分
         徒歩の場合 橿原神宮前駅より約30分
    詳 細: http://www.nabunken.go.jp/info/event.html#account01
::::::::::::::::::::::::
メルマガでも掲載しましたけど、フライングではありませんが、かなり早いタイミングで情報を出せました。公開された瞬間に編集長に連絡して、メルマガに緊急挿入してもらって間に合ったのです。午後2時前でしたかね。注目の遺跡ですから、メルマガに間に合わせたいですやん。次の号なら、現説の前日、もう内容も発表されていますね。
今回の調査区の丘越えの南側では、高いところに塀が建てられていましたので、その続きが出るかな? 谷部分は狭いように思うのですけど、何か出てるんでしょうかね。楽しみに、報道発表を待ちたいと思います。

さて、今日は、苑池と水落の資料の形を作りたい。本番は、σ(^^)の担当ではないのだけどね、資料は作るのです。説明の時に資料が不足しているようなことが無いように、図も準備しなくてはならないですね。水落の方は、まだほとんど手を付けていないので不安。(^^ゞ 資料の方の担当は7ヶ所あるので、大変ですは! もう1ヶ所は大丈夫なんやろね!と若干不安でもありますが。(笑)
とりあえず、苑池は終わらせたい。

と、飛鳥京のⅡ期が気になっているんです。どうもすっきりしない。まっ、塀と溝の一部しか分からないのだから、どのようにも考えられるのかなとは思うのだけどね。ちとモヤモヤしています。(^^ゞ 
大規模埋め立てが第Ⅲ期だって、本当なんかな? 僅かな土器と砂岩の切石が混ざってたってのが証拠みたいだけど、ホンマか? Ⅱ期の宮のスペースが小さくなってしまいません? 扁平! 今までの成果と矛盾しません? 報道発表用の資料しか見てないのですけど、埋め立てが南まで来すぎてません? モヤモヤ!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
お疲れ様でした。m(__)m クソ暑い中を、本当にご苦労様です。で、来年は、是非、事前にお知らせください。m(__)m 見たい! 動くあたかちゃん♪ 

0 件のコメント:

コメントを投稿