2013年10月30日水曜日

やっぱ面白い!

第41回定例会のレジュメを、一足先に拝見した。丁寧な作りになっていて、用語の説明なども詳しく書かれている。ありがたい♪ 図面も豊富だし、きっと講演内容を理解する大きな助けになることだろう。お忙しいのに、こんなに力を入れていただき、両槻会は幸せな会だと思います。m(__)mカンシャ! 

で、両槻会からの配布資料にも追記しておこうかと思うところが有り、泥縄的だけど付け加えることにした。昨夜から調べ始めたのだけど、何とかなりそうだ。前から気にはなっていたのだけど、削っていたのでした。(^^ゞ やっぱ、手抜きはダメね! (笑)

講師:青木敬先生から、今回は天香具山を取り上げたいとのご意向を聞いていた。で、思いつくのが土木=土の連想から「埴土」。配布資料で、基本になるデータ(書紀記事など)を上げておこうかと思っていたのでした。
で、個人的にずっと気になっていたのは、「物実」。「ものしろ」って読むようですけど、なんだ?ってね。で、今回、配布資料で繋げてみたのです。「物実」だから、国家的な祭祀に使われたんでしょうし、パクると謀反にもなるってわけですかね。で、こういう場所だからこそ、国見も行われたのだと思うのであります。
というわけで、第41回定例会事務局配布資料に、『日本書紀』崇神天皇10年の記事を追記しました。詳細は、資料にて。(^^ゞ 

さて、本日は家事デイ。上のような状況ではあるが、家事を優先順位の上にします。


0 件のコメント:

コメントを投稿