2013年6月3日月曜日

通夜参列

お別れに行ってきました。風人さ~んって、今にも話しかけてくださるような安らかなお顔でした。それが悲しくて・・・。
先生の体調の変化に気付いたのは、もう1年も前からだったように思う。気にしながらも、まさかと思っていたし、回復されているように見えることもあった。ご自分でも自覚されていたと思います。
飛ぶように階段を早足で駆け上るお姿や、σ(^^)が付いて歩くのがしんどいほどの早い足取り、スーツにリュックサックを担いで、早足で歩かれる姿がお似合いだった。そんな先生が、エスカレーターやエレベーターに乗られる姿も見るようになっていた。

偉大な先生のお通夜でしたから、参列者も多く、またそうそうたる顔ぶれでした。やはり徳の高い先生だったのだと思います。
今日の葬儀には参列できないけど、時を合わせてご冥福を祈り、お別れをしたいと思います。

最後になりましたが、清水先生、甲斐先生にお疲れの色が見えた。大変だと思いますが、どうぞご自愛くださいませ。m(__)m


0 件のコメント:

コメントを投稿